【季節行事】3月3日はひな祭り!

明日、3月3日はひな祭りですね!桃の節句とも呼ばれるますが、この行事は日本では女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事」と言われています。

ひな祭りは、ひな人形や雛あられ、菱餅や桃の花などを飾って、ちらし寿司などを食べて楽しむ行事ですね。私の家にも七段飾りのおひな様があります。祖母の代から受け継いできたものですごく綺麗なんですよ。子供の頃は毎年この季節になると「いつ飾るんだろう?」とソワソワしていたのを思い出します。

おひな様以外にも、母が生まれた時に親戚から貰ったケースに入ったフランス人形も並べるんですが、こちらも綺麗でした。大人になった今では、なかなかおひな様を飾る時間がなくなってしまったのですが、今年こそは出したいなと思っています。

ひな祭りは3月3日? 4月3日?

一般的にはひな祭りは3月3日と言われていますが、私の故郷では4月3日にひな祭りが行われます。私の故郷では学校の給食でも4月3日がひな祭りメニューでした。ひな祭りメニューではデザートに菱餅の形をしたゼリーが出るのですが、これが綺麗で美味しかったです。

ですので、子供の頃はテレビのニュースを見る度に「どうして他のところのひな祭りは1か月早いんだろう?」と思っていました。実は、もともとひな祭りって旧暦の3月3日に行われていたんです。旧暦の3月3日は、今の新暦で言うと4月の初め頃ですね。日本では新暦の3月3日でひな祭りを行う地域と、旧暦の3月3日の4月3日で行われる地域があるんですよね。

ひな祭りの由来について

女の子のお祭りとして広がっているひな祭りは、本来は穢れを払う季節の行事の事でした。穢れって聞くと、汚れてているとか、そういうイメージが湧きますよね。こちらで言うところの穢れは、日常生活を営むためのケのエネルギーが枯渇していることを意味します。気枯れ、つまりケガレですね。汚れのように洗えば大丈夫だというものではなくて『清め』が必要になるというものを指します。

日本には平安時代に「五節句」という行事がありまして、そのうちの一つがこのひな祭りである「桃の節句」となります。五節句、つまり季節の節目に身の穢れを払って、無病息災や厄除けを祈願する風習があったんです。当時はそんな願いを込めながら、お供え物と一緒に人形を川や海へ流していたそうです。『流し雛』というものですね。穢れを清めるのは水の力、ゆえに川や海へと流されていたそうです。そして、そんな貴族たちの風習がだんだんと広がり、変化していったのが、私達のよく知るひな祭り、というわけです。面白いですよね。