私が気に入った本を2冊以上購入する理由

私は凄く気に入った本を二冊集める癖がありまして、以前に元々持っている本に加えて、それのサイン入りの本も購入出来た事をツイッターで話ましたら、リプライで、「二冊も何に使うんですか?」と問いかけられた事があります。

私としてはサイン本は保存用の意味もあったので、「片方は読む用、もう片方は保存用ですよ」と答えました。それに対してとくに返答はなかったのですが、その時は「どうしてそんな事を聞くんだろう?」と疑問に思った事をよく覚えています。

そう言えば私も昔、保存用、布教用、読み倒し用に三冊本を持っているよ! という話を知り合いから聞いた時に、同じような疑問を持った事を思い出しました。今思えばそれぞれに使い道は別なのですが、確かに何に使うのかって思いますよね。

保存用は文字通り保存するため。本って日焼けして色が変わったり、表紙が特殊な加工をされていて傷が目立ちやすいとかあるじゃないですか。あとドラマCDや小冊子つきの限定版とか。それを綺麗なまま取っておきたくて、フィルムをつけたまま保存用に保管するんですよね。

布教用は知り合いにオススメする時に使います。読み倒し用と一緒でいいんじゃないかって思うかもしれませんが、貸している間に私も読みたい。という具合で用意しています。

読み倒し用は文字通り自分で何度も何度も読む用ですね!旅行などで出かけた先でも持って行って読むこともありますね。読み過ぎてボロボロに、とまでは行きませんが、内容を暗記できるくらいに読み込んだ本もありました。

私はランドリオールと本好きの下剋上がこれにあたりまして、この二作品だけはいつも二冊ずつ購入しています。面白いですよね!そう言えばランドリオールは本誌の方ではなく単行本で追っているので、極力ネタバレを見ないように気を付けています。本好きの下剋上は連載を開始された頃からずっとリアルタイムで読んでいるので、ここ数日の更新分で涙腺が緩みかけていて……本当良かったなぁという気持ちになっています。

他にも二冊とまではいきませんが、漫画や小説、あとは創作用の資料などでだんだん本棚が足りなくなってきましたので何とかしなければと思っているのですが、本に囲まれていると幸せなんですよね。ほっとするというか。そんな感じで集めていたら、生活スペースが大変な事になって来ました。片付けねばと思いつつ、片付け始めるとついつい読み始めてしまうジレンマ。抗いがたい。

熱烈的台風娘とか、ハルマゲどんとか、分かる人には懐かしいと思うタイトルも本棚にありまして。好きすぎて片付けられないんですよねぇ……早く何とかしないと床が抜けそう。