お金が寄って来る人になるには? お金持ちになれる3つの考え方!

日本は「お金の話をする事は良くない事」という考え方がありますよね。でも、そうは口で言っても、「お金ほしい……」ってなりませんか?わたしはなります。お金がなくてもって言いますけど、お金があれば大抵の悩みは解決できますから。

例えば、お金がたくさんあったら、嫌な人間関係を我慢して会社に行かなくても、自分が好きな事、自分らしくいられる所で働く事ができます。

例えばお金がたくさんあったら、国内、海外、行きたいところに旅行に行って、色んな楽しい経験を積む事ができます。ご近所付き合いに疲れたら、いっそ引っ越してしまうっていう事も出来るんです。他人をどうこうするのではなくて、自分がどうこうできるためのもの。お金ってそういう存在だと思うんです。

なりたくても、なかなか「お金持ち!」っていうのにはなれませんよね。でも、お金の話をすると、お金が寄って来る。そういう話を聞いたので、ちょっと調べてみました。

お金持ちは考え方が違う

お金が寄って来る人、つまりはお金持ちですね。お金持ちと、わたしのような一般人には、根本的に考え方の違いがあったんです。

①お金持ちは自分の資産以上のものは買わない

お金持ちは、お金があるから何でも買えると思っていました。でも、彼らは「自分の資産以上のものを買わない」んです。例えば車とか、家ですね。一般人は「ローン組んだ!」と、お金がないのに、無理に物を買います。でもこれって、手数料の無駄なんですよね。私は仕事を辞める前に車を購入したのですが、退職後もローンが続いて、苦しい思いをした事があります。自分の資産を計算して、どれなら買っても大丈夫か、そういう目を持たないと駄目だったんですよね。

②お金持ちはお金の事が好き

お金なんてみんな好きなんじゃない?そう思われるかもしれません。でも、先に書いたように、日本では「お金の話をする事は良くない事」という考えがあります。そんな考えの中で、「私はお金が好きだ!」って、なかなか言えませんよね。でもお金持ちは違います。

お金が大好きで、堂々とお金の話が出来るんです。日本には「好きこそ物の上手なれ」ということわざがありますが、それと一緒。好きだから努力するし、結果を出せます。そもそも「嫌いだ」とか「良くない」感情を持っているものって、自然と遠ざかってしまいます。まず最初にある「お金の話は良くないもの」という考え方を変えないと、お金ってやって来てくれないんですよ。

③人に従うか、自ら考えるか

お金持ちは、皆それぞれ、自分で事業を始めたり、自分で何かを作り出したり出来る人です。それは会社員という守られた環境で生きているには、出来ない事でした。日本には「副業禁止」という会社も多いですからね。いざやろうと思っても「バレたらどうしよう」とか、「バレたらクビになってしまう…」とか、そんな悩みが尽きません。

でも、ならばいざ仕事を辞めて、自分の道を歩めるか。そういう岐路に立った時、「失敗したらどうしよう」という考えが顔を出します。失敗して、お金がなくなって、いざ就職しようにもなかなか仕事も見つからなくて、生活出来なかったらどうしよう。そういう恐怖です。会社員として、会社に従ったまま生きれば、会社にいる間は安定した生活が得られるでしょう。独立や起業をしようとしたら、時間は手に入りますが、安定性など皆無の生活が待っています。

どちらを選んだ方が正しいのか、なんて事は、私には言えません。お金持ちになれる人は、この恐怖を抜け出して、自らの頭で考えて、手を伸ばして成功を得た人なのだと思います。

まずは自分で考える事から始めよう

今の生活を捨ててまで、危険を晒す必要はない。私はそう思いますが、変わりたい、今よりずっと大きな成功を得たい、そう考えるのならば、まず自分がどうなりたいかを定めて、そこに行くにはどうするかを考える事が大事だと思います。この時に「失敗するかも」はぺいっと捨てちゃってください。自由に考えちゃっていいんですよ。だってやってもいませんから。

なりたい自分を想像して、そこへ行くまでの過程を考える。そうして「夢」「はっきりとさせていく」内に、少しずつ、自分で考える力が育っていきます。それこそが、お金持ちの第一歩だと思いました。