インフルエンサーとは? インフルエンザと似ているけれど、どういう関係?

皆さん、インフルエンサーって言葉を知っていますか?

私は最初に聞いた時に「インフルエンザの聞き間違いかな……?」なんて思ったんですが、

インフルエンサー(influencer)というのは『世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと』を指すそうです。

インフルエンサーとインフルエンザ、名前が似てるけど?

インフルエンサーとインフルエンザって似ていますよね。

私も聞き間違えた事があるんですが、この二つって名前が似ていますよね。

調べてみると、

インフルエンサー(influencer)……影響者

インフルエンザ(Infuluenza)

どうやら語源はラテン語の『influentia』(影響)ルーツはそこから来ているらしいです。

インフルエンザって病気の名前として認識していたんですが、なるほど、なるほど。

影響力を与えるものって例えばどんなもの?

影響力を与えるものってどんな人なのかと言うと、タレントや有名なユーチューバー、

カリスマブロガーなどがそれに当たるそうです。

有名な人であれば、その人の言葉やブログの記事を見る人間も必然的に多くなります。

そこでその人が「〇〇ってお店のタピオカミルクティーは美味しい!」と書けば、

「そうなのか、行ってみよう!」と思って行動する人が少なからずいまし、

「〇〇って所のこれは美味しくなかった!」と言えば、逆もまた然りです。

良くも悪くも、人に影響を与えるのがインフルエンサーという事。



『バズる』状況にも似ている

調べていて『バズる』という状況も似ているなぁと思いました。

『バズる』とは口コミやインターネットを通じて特定の話題が一気に拡散・有名になる事を指します。

インフルエンサーと違って、バズる状況とは一過性ではありますが、

良い影響も悪い影響も与えるというのは似ていますよね。

発信する言葉には十分、気を付けよう

SNSでも、何の気なしに呟いた言葉が拡散されてバズってしまった、なんて事も。

フォロー数が少ないからといって、

ブログのPV数が少ないからと言って、

何でも好き勝手に発信して良いわけじゃない。

何気ない一言で訴えられてしまう事も、事例として多々あります。

インターネットという公共の場で発言する以上は、

誰もが聞いている、見ているという事を頭の隅に置いておくことが大事です。

もちろんこれを書いている私も、改めて気を引き締めていこうと思います。