精神科や心療内科に行った時に、何を話せば良いのか?

人間関係の悩みでストレスをかかえ、うつ病の前兆まで出ていた頃。これは本当に、一度心療内科か精神科で診て貰った方が良いのではないか……そんな風に考えていました。

苦しい、辛い、仕事を辞めたい。今までは普通に過ごしていたのに、どうして今こんなにしんどいんだろう……。

毎日、毎日、仕事へ行く直前から夜までずっと、こんな頭は悩みで回転しっぱなしで。その事でも疲れ果ててミスをする事も増えていました。

最初にしたのはインターネットで調べる事だった

今の自分の状態が何なのか。私が最初にしたのは、インターネットで同じような悩みを探す事でした。

するとたくさん検索にヒットして、うつ病などの自己チェックシートが出てきて。それで調べたら、やはりうつ病の疑いがあります、という結果に。

「やっぱりそうなんだ……」

と思うと同時に、

「もしここでうつ病って診断されたら、仕事休めるかな……」

なんて、現実から逃げたい気持ちでいっぱいでした(関連記事はこちら

とりあえず電話をしてみる事にした。

ですがいざ「行く!」と決心しても、なかなか腰が重く。

最初の一歩が踏み出せないながらも、今いかなければ、自分がもう駄目になる。

そう思って、近場のメンタルクリニックを調べて電話をかけてみたんです。

「あの、〇〇に住んでいるさびねこという者なのですが……初めてなんですが、診て貰っても大丈夫でしょうか?」

こんな感じで電話をしたと思います。初診の時って何て話したら良いか分かりませんよね。

予め話したい事は頭の中に描いていたのに、電話をしたら真っ白になってしまって。

しどろもどろになってしまったにも関わらず、受付の方はちゃんと話を聞いて下さって、予約がとる事ができました。

初診は色々話を聞くので時間がかかるため予約が必要なんですよ、との事です。(その時の記事はこちら

何を相談したら良いか分からなくなってしまった。

そうして予約した日時に向かうと、空は小雨模様。

そう言えば、ストレスを強く感じるようになってから、天候や気圧でも、精神的に苦しくなってしまう事が増えたなぁと思いながら中へ入り。

その日は午後からの診療で、午前中は初診の人だけを受け入れているそうで、私一人でした。

静かな待合室で待つ事、少し。呼ばれて向かった先には大らかそうな先生が座っていました。

話しやすそうだな、と思いながら、相談……しようと思ったのですが、実はその時、何を相談して良いのかぐちゃぐちゃになってしまったんです。

元々、人見知りな部分もあり、軽くパニックになってしまったんですよ。

何が苦しい、どれが苦しい、そういう「苦しい」気持ちをどう相談して良いのか分からなくなってしまったんです。

それで言葉に詰まっていたら、先生は最初に受付の方に話した内容について聞いてくれました。

そこから家族構成や、仕事の話も混ぜて、ちょっとずつですが、相談できるようになりました。



 

自分がどういう「状態」になりたいのか分かっていなかった。

話しの中で先生は「こういう風になりたいんだね」と聞いてくれた事があります。

例えば私なら、人間関係が辛い、どうしてもうまくやれない。どうしたら良いか分からない。それでもまだ仕事しなくちゃ……。という感じだったと思います。

先生が聞いてくれたのは「人間関係に悩まずに、仕事がしたいんだね」というような意味合いだったと思います。

自分がどういう状態になりたいのかを、先生が聞いてくれて、初めて「ああ、そうか自分はそうなりたいのか」と気が付きました。

そうなんですよ。その時の私は、人間関係が苦しくて、それでも仕事しなくちゃいけなくて。

だから思考が「仕事を辞めてどうなるか分からないから、とりあえず仕事をしばらく休みたい」だったんです。

自分で分かっているつもりでも、それに気が付いていなかった。ストレスさえなくなれば、働いていたいという気持であったということ。

まとめ:何を相談したら良いか分からない時、自分がどうなりたいかから逆に考えよう

精神科や心療内科で何を相談したら良いか分からない。

相談したい事がいっぱいで思いつかない。

それを経験した後で分かったのは、まず自分がどういう風になったら楽かを思い浮かべる事。

例えば「人間関係のストレスから解放されて、苦しい毎日じゃなくて、普通に自分らしくいたい」

ならば、どの原因がそれを阻害しているかを考える。

「人間関係が辛い」

そして辛いから、

「眠れない」「毎日苦しい」「涙が出る」という状態になっている。

そうすると、仕事の人間関係が辛くて、毎日苦しくて、涙が出てくるようになってしまった。夜も上手く眠れない。どうしたら良いのか、という感じで相談してみてはいかがでしょうか。

私の場合は、部署替えも絶望的で会社に対する気持ちも崩れていたので、残念ながらストレスはなくなることなく、壊れる前に私は会社を辞めて、自分で働くという事を選択しましたが(関連記事はこちら)、心療内科や精神科で診て頂いたのは、とても救われました。

もし苦しんでいる方がいたら、一度、精神科や心療内科に電話をしてみると良いと思います。敷居が高いように見えて、意外と低いです。自分にあった病院を探す事は大変かもしれませんが、まず評判を見ながら探してみて、電話をかけてみてください。そこを踏み出したら、一歩はずっと、楽ですよ。