【リボ払い】クレジットカードのリボ払いのメリットとデメリット

クレジットカードを利用していると、自分がどのくらい買い物をしているのかって、分からなくなる時がありませんか? そんなに買ったはずはないのに、小さい金額の積み重ねで、請求額を見てびっくり! なんて事も。

この対策として、私はエクセルや金銭出納帳を使って、カード払いにしたものを記入しています。今月買ったものの請求は大体来月に引き落としになりますからね。

エクセルはPCを立ち上げないと見られないので、個人的には金銭出納表や、ルーズリーフ等に書き出すのがオススメ。どのくらい使ったか、どのくらい引き落としの口座に入れておけば良いかが視覚的に良く分かるので、お金の配分もしやすいです。

引き落とし用の振り込みが間に合わない!

私は収入用の口座と、支払い用の口座を分けて利用しているので、請求金額がでたらその金額を、支払用の口座に振り込むようにしています。

なのですが、ある日、予想外の金額になった事がありまして。どうしても振り込む用のお金が足りない!

ってなって、青ざめた事があります。

ちょっと色々で使い過ぎていたんですよね。ちなみにこれが、私がカードで使った金額を紙やエクセルに書くようになったきっかけなのですが、その時は本当にどうしたら良いかと頭を抱えました。

生活費に手を付けるわけにはいかなかったので、しばらく悩んで、そこで「リボ払い」という項目が掛かれている事に気が付いたんです。

そもそもリボ払いとは?

リボ払いとは正式にはリボルビング払いと言います。毎月、決められた金額を返済する、という支払方法の事です。利用金額に関係なく、月々の支払額が一定で変わりません。

例えば2万円のものを購入したとしましょう。これをリボ払いにして、毎月3千円ずつ支払う事にすると、この3千円円+リボ払い手数料が、他のカード払いの引き落としに追加されます。(楽天カードで利用した時は、途中から支払金額を増やしたり、一括でお支払したりも可能でしたよ)

支払いが苦しい時等、無理のない返済が可能になる方法です。

手数料自体は毎回掛かりますし、リボ払いでの利用をすればするほど、返済期間も長くなりますので、利用する時は良く考えましょう。ちなみにリボ払いもクレジットの限度額内に入ります。

 



 

払える時に払ってしまった方が良さそう

手数料はかかりますが、困った時には便利なリボ払い。

個人的な見解ですが、リボ払いを使った後は、支払える時にさっと支払ってしまった方が良いと思います。

カードではありませんが、以前にローンを組んだ事がありまして、その時に毎月の返済が大変だったんですよ。

私がリボ払いを利用した時の金額は3万円でしたが、毎月3千円支払う事にしても10か月かかります。無理のない金額での返済にせよ、やはり10か月支払っていると、ローンを組んだ時の事を思い出しました。気軽に利用できる分、気を引き締めねばまたあの辛い日々がやって来てしまう……と。

リボ払い自体は使い方を考えれば便利なシステムだと思います。そして使い過ぎて、使い方を間違えた時は苦しい事になるもの。

リボ払い以外にも言える事ですが、何かを利用する時には十分考えながら、利用していきたいですね。