病院の売店の仕事内容とは? 病院の売店で働いていた時の事をお話します!

ハローワークや転職サイトを見ていると、数多くの求人に混ざって病院の売店の求人が出ている事があります。病院の売店の仕事ってどんなものかご存知ですか?普通のコンビニと同じ、と思うかもしれません。ですが普通のコンビニとはちょっとだけ違うんです。ではどんな仕事なのか? 私が経験した病院の売店での仕事についてお話します。

基本的な仕事はコンビニと似ている

病院の売店の仕事は、基本的にはコンビニと似ています。

食べ物や文房具などの雑貨を販売しているんです。ですがコンビニと違うのは「オムツ」などの介護用品や、入院に必要なものなども取り扱っているところです。

病院によってはベビー用品を取り扱っているところもあるでしょう。

オムツにもサイズだけではなく色々種類がありまして、「〇〇が欲しいんだけど」「名前を忘れたけどこれこれこういうのが欲しい」とアバウトな注文を受ける事もあって、覚えるまでこれが結構大変なんです。

客層は入院患者やその家族、職員など

病院の売店にやってくるお客さんの大体は、入院されている患者さんやそのご家族、そして病院で働く職員です。

入院患者さんの中には「話がしたい」という目的で来られる方もいたりします。

忙しくない時は良いのですが、お昼時などの忙しい時間帯ですと、お相手するのはちょっと大変です。

病院の売店で働く時に気を付ける事

病院の売店で働く際に気を付けなければならないのが、第一に自分の健康です。

風邪やインフルエンザ、ノロウィルスが流行っている時など、特に注意が必要です。

病院ですから、そういう患者さんと接する機会もありますし、患者さんではなくても職員経由でうつってしまう可能性もあるのです。

手洗いうがいに、バランスの良い食生活、きちんと睡眠を取るなど、自分の身は自分でしっかり守る事が重要です。



病院の売店で働くのは楽しいか、楽しくないか

病院の売店で働くのは楽しいか、楽しくないかと言うと、私は楽しいと感じました。

コンビニやスーパーほどお客さんは来ませんから、忙しい時間帯を除けば比較的自分のペースで仕事が出来ます。

接客が好きでも、コンビニのように四六時中忙し所はちょっと……という方には向いていると思います。

ただ、難しい名前の商品の取り扱いがあったり、介護用品などあまり馴染みのない商品を取り扱う事もあるので、そういう面では大変かもしれません。

また病院ですから、仲良くなった患者さんが亡くなる、という事も珍しい事ではありません。

病院の売店の仕事をしたいな、と考えている方は、そういう部分もあるという事も覚えておいて欲しいな、と私は思います。

病院の売店って、求人の倍率が高いそうなので、興味があったら、見つけた時に応募してみるのも良いと思いますよ。

観光業の仕事をしてみたいあなたへ

金管バンドでトランペットを吹いていた話。