人気漫画の実写化!銀魂の実写化は成功だと思う

実写化された銀魂のDVDが届いたので、早速見て来ました。監督が勇者ヨシヒコシリーズの方と聞いていたので、銀魂とは相性が良さそうだなと思っていたのですが……良かったです!銀魂らしさを取り入れつつ、さらに銀魂らしい色々な方面から怒られそうなネタをふんだんに使った作品となっておりました。いや本当にこれ良くそのままOK出たな……(褒め言葉)

気になる銀魂の映画の導入部分

最初は銀魂の第一話のシーンからのスタート。これは映画から入る人達が分かるように……との事でしたが、ハイテンションのスタートでした。そこからカブトムシ取りにシーンが飛びます。漫画のシーンをしっかり再現されているので、原作を知っていると「来るぞ……」ってちょっとワクワクしていました!

ちゃんと似せようとしている登場人物達

登場人物達も、意外と似てるんですよ。ちゃんとキャラらしくしようと演技をされているのが好印象でした。特に新八君の叫び声なんてそっくりでしたし、沖田のローテンションっぷりもなかなか。近藤さんは……出て来る度に噴きました(笑)

原作を大事にしてくれている作品

実写版銀魂を見た感想としては、原作を大事にしてくれている作品だな、と思いました。登場人物もそうですが、俳優さん達がちゃんと漫画を読んでくれているんだろうな、と思えるくらいしっかり作られていたんです。

内容としては全体的にハイテンションでテンポよく進んで行って面白いのですが、後半の戦いのシーンの辺りまで行くと、少し長かったせいか(観ている側が)体力が限界になってきましたが、それでもちゃんとラストまで見届けたい、と思える良作です。

漫画作品はテルマエロマエとか、成功した実写作品もあるのですが、日本の実写って残念な出来になる事が多いですよね。観る側としては、奇をてらった改変とか、魔改造されてしまった作品ではなく、原作を大事にした作品を見たいので、今回の銀魂の実写版映画は大成功だったのではないか、と思っています。続編が造られるとしたら、私はぜひ見たいですね。