仕事を辞めたい、苦しい。でも貯金が無い――仕事を辞めたいと思ったら副業を始めてみよう。

人間関係に疲れて、全部を投げだして逃げたいって事はありませんか?

私も人間関係に悩んでいた頃、

「どうして自分はこんな場所にいるんだろう」

「仕事へ行きたくない、職場に足を踏み入れたくない」

「はやくここからいなくなりたい」

と、仕事に行く前、仕事に行ってからもずっとそう考えていました。

頭の中が「嫌だ」という気持ちだらけになる

仕事をしていれば気が紛れる、という話も聞きますが、私は駄目でした。

とにかくどんな時もずっと頭の中に、

「ここは嫌だ」

「帰りたい」

「辛い、苦しい……」

ばかりがグルグルと回っていて、思考が休む暇がありませんでした。

お昼の休憩の時間も、会社の中にいたくなくて、車で食べる事もしばしば。

その時も携帯で「仕事 辞めたい」なんてずっと検索していて。

とにかく「辞めたい」って気持ちが全面に出てしまって、他の事を考える余裕がなくなっていたんですよね。



あまりに苦しくてメンタルクリニックを受診した

毎日そう考えている間に、精神的にもおかしくなってきて。

何もなくても涙がでたり、イライラしたり、苦しくなって叫んだり。

幾らなんでもこれはおかしいと思って、メンタルクリニックを受診しました。 関連記事:転職して初めて心療内科に!心療内科って怖いの?いえいえ、怖くはないですよ!

話しを聞いて貰って、少し薬も頂いて。

それで少しは緩和されました。精神科や心療内科の先生にも、相性があるらしいのですが、私の場合は最初に行った場所の先生と合ったのが幸い。

それで薬を飲みながら、仕事は続けてみたんです。

でもやはり「苦しい」という感情は消えませんでした。

「職場が合わない」のは「苦しい」

仕事が合わない、仕事内容や残業がきつい。

それと同じくらい「職場が合わない」というのは、精神的な苦痛を感じます。

例えば会社の考え方だとか、方針だとか。人間関係だとか。私の場合は人間関係が一番、次点で会社の考え方でした。

そういうので「合わない」と感じてしまうと、お金のためだけに頑張ろうと思っても、心がくじけてしまいます。

とにかく「嫌だ」という感情を消し去る事ができず、ただただ毎日苦しい気持ちを抱えて、仕事に行く。

自分と同じような状況にいる人達がどうしたのか知りたくて検索すると、

「給料を頂いているんだから」

「そんな感情で働いていたら他人の迷惑になる」

「さっさと辞めるべき」

そんな言葉を目にしました。自分に対しての言葉ではなかったとしても、同じ気持ちを抱いている自分からすると、自分い言われているように錯覚してしまいました。

分かってはいる。でも、辞めたら次に働けるかわからない。

給料がなくなれば生活ができない。家族を養えない。

だから「辞めたくても辞められない」。

それは逃げだと、甘えだと言われるかもしれませんが、言葉以上に「辞める」のは大きな決断がいることでした。 関連記事:仕事を辞めたい、うつ病になる前に逃げるのは甘えじゃない

ひと月経っても、ふた月経ってもあまり状況は変わらない

それである程度貯金が貯まったら辞めよう。

そう考えるようにもなりましたが、これが不思議なもので。

いざ貯めようと思っても、車検やら保険やらで、いくら月日が過ぎても貯金がほとんど貯まらないんです。

これね、本当に不思議なんですよ。使わないと決めて、実際に余計な事には使っていないのに、余計じゃない事でお金は減って行く。

給料が入るから、その分の補てんが出来るだけで、貯金だけで考えるなら全く増えていかない。

「私はいつ仕事を辞めれるんだろう」

「これではいつになっても辞められない」

これを理解した時は、絶望を感じました。一生このままなのかと。

貯めようと思えば貯められる。そう聞いて貯めようとしたんですが、そもそもの給料はそんなに多くなかったので貯まるものも貯まりませんでしたね。

私は地方住みですが、残業込に手取りでようやく16万。ここから生活費、保険代、携帯代、ガソリン代もろもろ引いて行くと、ほんとうに残らない。その他の出費があれば赤字ぎりぎりなんて月も。

一応、積立はしていたので、その分はありますが、それは本当に緊急時用なので、なるべく崩したくはなかったんですよ。葬儀代とか、病院代とか、何が起こるか分かりませんからね。  関連記事:「仕事を辞めたい!」退職しても全然OKな理由とは

とりあえず副業をしてみよう

考えていたら、とにかく「お金」の事でがんじがらめになっている事に気が付きました。

お金が無い。それならばお金を稼げばよい!

単純な構図でしたが、副業を禁止している会社もあったり、副業は「悪い」と会社の人達から刷り込まれていた事もあって、やりたいけれどやったらダメなものという認識があったんですよ。

会社が副業を禁止する理由って、仕事がおろそかになるから、っていうのがほとんど。

うちの場合は「社長が他所でお金を稼いでいる人が嫌いだから」という謎の理由で、明確な社則はなくても禁止みたいな雰囲気でしたね。今考えれば、良く意味が分からない理由でした。

もういいや、仕事辞めたってどうでも良い。割と投げやりな気持ちもあったし、そもそも会社員に向いていないという自覚もあったので、副業を始めました。



お金を稼ぐ事は難しい。でもお金を稼ぐのは楽しい!

副業を始めて思ったのは、お金を稼ぐ事は難しいという事でした。

ライティングの仕事をしたり、ブログを作ったり。思いつく事は色々やりましたが、どれもそう簡単には上手くいきません。

ですが、それでも。10円でも20円でも稼げた時。初めて「仕事って楽しいな」って思えたんです。

あんなに毎日が苦痛で、嫌で嫌で仕方がない。働きたくないって思っていたのに、いざ副業をやってみたら「もっとやりたい!」って思えたんですよ。

自分がやりたいと思った事が、目に見える成果として出てくる。

だから楽しい。続けたい。もっと仕事をしたい!

当時あまりに仕事が嫌で、自分は働きたくないと思っているダメな奴なんだ……ってずっと思っていたんですが、どうやらそうではなく。

「自分が納得できるやり方で、成果を出せる仕事じゃないから」

「自分を騙してまで嫌な人と上手くやろうとしていたから」

だから毎日が苦しかったのではないかと。

自分がダメなのではなく、選んだ場所がダメだった。

周りから「ダメ人間」のレッテルを貼られると、違っていても最終的に、そうなってしまう。

職場が合わない、仕事が合わない、人間関係が合わない。

それでも頑張って頑張って仕事をしていても「ダメな奴だ」と思われてしまう。

それって、苦しいですよね。辛いですよね。

でも、別にそれ、あなたが悪いんじゃないんですよ。ただその場所があなたに合わなかっただけで。

私もフリーランスになってから、働き方が変わりました。もちろん収入も減りはしましたが、それでも心は病まなくなりました。

フリーランスと言う働き方が私に合っていたからでしょう。仕事ばかりしていますが、毎日がとても楽しくて、成果が出ればそれを見て、明日ももっと頑張ろうって思えます。

直ぐにフリーランスになろう!

なんて事は言いません。結構リスクも大きい仕事ですから。

だからまず、副業をおすすめしたいと思っています。仕事以外で稼ぐ場所があれば、選択肢は増えます。仕事を辞めたようという時に、幾分心が楽な状態で辞める事ができます。

私が最初に始めたのは、ライティングの仕事。クラウドワークスサグーワークスでライティングの仕事や、ネーミングの仕事をしていました。 関連記事:文章を書く事が好きな人におすすめの副業

あとは同時にブログも書いていましたね。アドセンスに合格したのは大分後になりますが、それでも文章を書くという事が好きだったので、記事を書く事自体を楽しんでいましたし。 関連記事:【アドセンス】申請し続けて1年半ついに合格!試したのはたった2つ!

ちょっとでもお金に余裕があると思う事は、心にとってもとても良い事。お金がなくてもとは言いますが、やはりお金があれば大抵の悩みは解決します。

そうして余裕を持っていれば転職活動も気持ちが少し楽になれます。もしハローワークに行く時間がなければ、転職サイトのMIIDAS(ミイダス)も利用しても良いと思います。

苦しいと感じている事は、普通ではありません。あなたがおかしいのではなく、選んだ場所があなたに合わない場所だったんです。私は苦しさから逃げ出して、ようやく自分らしく生きる事ができました。

自分が楽にいられる場所で、自分らしく生きましょう。