「あんなこと言わなきゃ良かった」と人間関係に悩む人へ

良好な人間関係を築くのは、とても難しいものです。

学生時代であれば、気の合う友だちとだけ付き合っていれば良い。けれど仕事となると、苦手な人とも付き合っていかなければなりません。

そして仕事で一度でも人間関係が崩れてしまえば、修復するのはむずかしい。
一度壊れてしまった関係を治そうと努力しても、ほとんどの場合、上手くいくことはありません。

そこで、人間関係が崩れてしまった時にどうしたら良いか、今回はお話ししようと思います。

壊れてしまった人間関係は戻らない

残念ながら一度壊れてしまった人間関係を修復することは難しいです。
なぜなら仕事場にいるのは、ほぼ全員が大人だからです。

大人になれば性格や思考は、固まってしまっています。
いくら自分が変わろうとしても、相手を変えることはできません。

相手を変えることが出来るのは、相手自身だけなのです。

なのであなたが人間関係を修復しようとがんばっても、相手がそれを受け入れる可能性は低いのです。
だからこそ一度壊れてしまった人間関係を修復することは難しいのです。

嫌いな相手は嫌いで良い

人間関係が壊れる理由の一つは、シンプルにあなたと相手が「合わない」からです。

相手と合わない理由

性格や考え方、仕事のやり方など、合わないと思う理由は色々あるでしょう。

相手の何かが合わなくて、それが自分にとって我慢できないくらい「嫌だ」と感じると、だんだんその人を嫌いになってしまうのです。
また、仕事上で怒鳴られたり、嫌がらせをされたり。当然のことですが、それも相手を嫌になる理由のひとつです。

職場は相手を選べない

学生時代は好きな友達とだけ一緒にいれば良かった。
けれど社会に放り出されたとたん、嫌いな人や苦手な人と同じ場所で行動しなければならない。

それはとても息苦しくて、ストレスがたまりますよね。
仕事とはそういうものだと言われると、言い返す言葉も出なくなってしまいます。

ですが別に、仕事であっても、相手を好きになる必要はありません。
苦手な相手や嫌いな相手を頑張って好きなフリをしなくて良いんです。

その人たちは、同じ場所にいるだけであって、あなたに良い影響をあたえてくれる友達ではありません。
無理に我慢をして好きにならなくて良いし、嫌いなままだって良いんです。

仕事に必要なやり取りだけをすれば良い。
不機嫌そうに対応したり、乱暴な会話をしなければそれで良いんです。

嫌いな気持ちが態度に出てしまったら

でも、仕事上だけだと堪えていても、どうしても態度に出てしまう場合がありますよね。
自分はそうでなくても、相手からそういう態度を取られることもあるでしょう。
それで、あとで後悔したり、怒りが湧き上がってきたり、苦しい気持ちになります。
そんな時わたしは、これから先ずっとこの気持ちと付き合っていけるかを考えるようにしています。

相手がいなくなるかも……。
もしかしたら環境が変わって楽になれるかも……。

そんな風に思いながら、一か月先、半年先、一年先にいる自分を順番に想像します。その時に働いている自分の姿以上に「嫌だ」「苦しい」という気持ちが膨らんでしまったら、転職を考えるサインの一つにしています。

『嫌』という気持ちは、自分で思っているよりも、自分の頭の中を大きく占めてしまいます。
そのことばかりが頭の中で浮かんでしまうと、気が散ってミスも増え、さらに嫌な気持ちが増えてしまうのです。

そうなってしまえばモチベーションも上がらず、苦しい気持ちばかりが増える悪循環に。
部署を変える事が出来るならば良いですが、そうでなければ苦しさはなかなか軽くなってくれません。

人間関係で転職するのは逃げではなく手段

人間関係でつまづいて退職しても、他の職場で上手くやっていけるか分からない。
そう思って、転職することに消極的になってしまう人もいます。

私の場合は逆のパターンで、人間関係が良かった会社が倒産にり転職せざるを得なくなり、新たに勤めた場所で人間関係に悩み精神を病みました。
つまり前の会社では、周囲と上手く付き合うことができていたんです。

人間関係に悩んでいると、転職しても同じだと考えてしまいがちになります。
しかし、どこも同じだということは決してないのです。
関連記事:10年勤めた会社が倒産し、転職にも失敗した私が、それでも何とかなった話

自分が『嫌だ』と思う気持ちを大事にする

耐え忍ぶという言葉があります。
日本では耐え忍ぶことこそが美徳とされていた時代もありました。
仕事の事もそうですね。しかしそれは、我慢した末に良い未来が待っている場合の話でもあります。

企業によっては定年の年齢の引き上げられ始めた現在、嫌な相手や苦手な相手とも、より長く仕事をする可能性も増えています。
嫌な気持ちを抱えたまま、苦しい状況のまま働いて、心を病んでしまったら、それからの長い将来苦しむことにもなります。
なので自分がダメになりそうだと思ったら、転職を考えることをおすすめします。

直ぐに辞めた方が良い場合もありますが、少し余裕があるなら働きながら仕事を探しましょう。
けれど働きながらハローワークに通うのは少し大変ですよね。
そんな時は、MIIDAS(ミイダス)などの転職情報サイトを利用してはいかがでしょうか。



MIIDAS(ミイダス)では、世の中でどのくらいの給料を得られるのかを、自分の持つスキルから判断してくれます。
どういう事ができて、どういうこと得意なのかを、自分で客観的に見るためにも重宝します。

壊れた人間関係の修復は難しいです。
「嫌だ」と思う気持ちは、自分の心が苦しいと訴えているものでもあります。

どの職場でも少なからず悩みあります。けれど、どこも一緒であるという事はありません。
苦しい場所でずっと悩むよりも、毎朝明るい気持ちで目覚める事ができるように、その手段の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。