【漫画】ネタバレなし、コミカライズ版本好きの下剋上第一部Ⅶの感想

先日、コミカライズ版の『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』第一部 本がないなら作ればいい!Ⅶが発売になりました!

本好きの下剋上は、小説家になろうで更新されている時にリアルタイムで読んでいました。主人公マインの一人称の小説で、平民の子供に転生した三度の飯より本が好きという主人公が、自分の目標と自分の大事なものを守るために、だんだんと身分や生活が変化していく物語です。

世界設定やキャラクター設定、そしてそれぞれの関係が、かなり細かく練られており、一度読みだすと止まらなくなります。なろうで掲載されている分でも1話が大体6000字以上なので、とても読み応えがあります。文字数は多く、物語も長いのですが、読んでいて疲れるかというと、全然そんな事はありませんでした。作者の香月先生が綴られる文章が上手いからなのでしょう、とにかく1話読んだら「次が読みたい!」とページをめくるパワーを与えてくれます。

コミカライズ版本好きについて

本好きのコミカライズを担当されているのは鈴華先生です。ファイアーエムブレム ヒーローズなどのアンソロジーを描いてらっしゃる漫画家さんで、人物の体はもちろんですが、とにかく表情が素晴らしいんです。コミカライズ版の本好きを読んだ時に、この漫画家さんは原作を良く読まれていて、大事にされているな、という印象を受けました。

小説のコミカライズとなると省かれてしまう部分も少なからずあるのですが、本好きのコミカライズについては、原作を繰り返し読んだ私からは、ほとんど省かれていないように感じました。省かれていたとしても、省いても問題が無いとか、省いてたとしても分かる、というような表現になっているのです。良い漫画家さんが担当してくれたな、と思いました。

本好きの下剋上Ⅶについて

コミカライズ版本好きの下剋上 第一部本がないなら作ればいい!Ⅶで、第一部は完結です。原作の「第一部 兵士の子供」の部分ですね。元々ページ数の多い漫画ですが、今回は特に多く、書き下ろし短編を含めて220ページになります。値段は640円+税。これは本当に読み応えがありました。

ネタバレになってしまうので多くは言えませんが、私はフェルディナンド様の表情が大好きです。よく神官長のあの表情を書いて下さったと感激しました。神官長の心情を、とてもよく表していると思います。あの表情を見てから、原作の物語をまた一気に読んできました。最高です。

TOブックスさんでは特典漫画がついてくる

本好きの下剋上は私はTOブックスさんで購入しているのですが、今回は特典として、鈴華先生描きおろしの漫画がついてきます。内容はやはりネタバレになってしまうので言えませんが、エーファ母さんとギュンター父さんの物語です。若い頃の二人が見られる貴重な特典なので、気になる方は是非、TOブックスさんで注文してみてくださいませ。

TOブックスさんは毎回、特典ペーパーなどをつけて下さるので、ファンとしては嬉しい限りです。まだまだ今後も、ファンブックなどが発売される予定となっているので、予約可能になったら予約しに行こうと思います。本好きの下剋上は本当に良く練られた世界観と、印刷業や紙に関する知識も得ることができるので、まだ読んでいないという方にはオススメしたいさびねこの大好きな物語です。

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「本がないなら作ればいい!7」【電子書籍】[ 鈴華 ]

価格:594円
(2018/8/9 12:53時点)

 

こちらもおすすめです。

【漫画】ネタバレなし、ハイキュー!!33巻感想

ゴツボ☆マサル先生の『ロムセン・サーガ』を読みました!